2020/04/08

[新型コロナウイルス]建築会社のイベントへの対応について

みなさん、こんにちは。「群馬の家」編集部です。
新型コロナウイルスの影響により、まだまだ不安が続く状況となっています。

そんな中でも、住宅の取得を検討しなければならないご家族も多いことでしょう。
お子様の進学やアパートの更新といったタイミング、また年齢的にそろそろ建てたいといった方々も少なくないと思います。
建築会社がどのように対応しているのか、聞いている範囲のことを記載しますので、参考になれば幸いです。

建築会社側の対応ですが、まず不特定多数の方が集まるようなイベントは、当然中止や延期となっているようです。
住宅総合展示場も集客を目的としてショーなどは自粛しているようです。
中小規模がほとんどの地元工務店については、上記のようなイベントは自粛しているようですが、完成見学会は開催しているところが多いようです。

完成見学会はその名の通り、施工した住宅が完成したタイミングで開くものです。年間施工棟数に限りがある地元工務店は、そのタイミングを逃すと次の見学会まで間隔が空いてしまう所も少なくないといった事情もあります。そこで開催に当たっては、細心の注意を払っているようです。

例えば、
・完全予約制にして、来場者数を制限して、他の来場者との接触を防ぐ。
・ひと部屋にひと組ずつなど、案内のタイミングを調整していわゆる三密を防ぐ。
・換気を徹底する。
・消毒液や使い捨て手袋を用意する。

このように感染防止に配慮しながら開催しているようです。
気になっている建築会社の完成見学会はなるべく見ておきたいですから、どのような対策が図られているか事前に確認の上、自分でできる感染防止対策を十分に行った上で来場することをお勧めします。

建築会社側も来場者側も、お互い感染防止に配慮した上で行動し、理想の家づくりを実現させましょう。
編集部も建築会社選びのお手伝いや、情報発信を通じて貢献していきたいと考えていますので、引き続きよろしくお願いします。

2020/03/24

家づくり相談室を開いています。

みなさん、こんにちは。

「群馬の家」では、家づくりのパートナーであるビルダー選びの役に立てばと思い、編集部が直接ご相談に乗る「家づくり相談室」を開設しました。

要望や条件を聞かせていただいたうえで、最適だと考えるビルダーを紹介します。
ご希望に合わせて、家づくりの進め方や住宅ローンの基礎などもお話しします。

詳細は下記URLへ
https://soudan.gunmanoie.jp/

2020/02/28

「群馬の家」vol.17 発売!

地元の家づくりを応援する住宅専門誌、
群馬の家 vol.17 2020春夏号発売中です。



【巻頭特集】炎のある暮らし
オール電化住宅が主流になって、炎を見る機会が減っていると言います。
今回の巻頭特集では、人気の薪ストーブやペレットストーブを導入して、あたたかさはもちろん、火を眺める癒やしを感じさせる暮らしを実現した、3軒の住宅を紹介しています。

【自分らしい暮らしを楽しむ人々】LIFE STYLE
自分らしい暮らしを実現している人を紹介するコーナー。
今回は「音楽と住む」をテーマに、個性的な建物と人物を取材しました。

 【建築実例集】お宅拝見! 群馬の建築実例
群馬県や周辺地域で建てたお宅を編集部が取材。
さまざまな家族が建てた住まいの実例を、あなたの家づくりに役立ててください。

【家づくり経験者に聞いた家づくりアンケート】みんなの家づくり白書
建築実例集で取材した家族に聞いた、家づくりや住まいに関するアンケートをまとめました。
建築会社の選び方から家づくりの費用、選んだ設備などの統計データを公開しています。

【家づくりのノウハウ集】
家づくりの流れや、住宅ローンの基礎から消費増税に伴う優遇施策まで解説する「はじめての家づくりガイド」。
家づくりに取り組む際に、押さえておきたい基礎知識を紹介しています。

【建築会社カタログ】家づくりパートナーガイド
群馬県内と周辺エリアで施工可能な建築会社をカタログ形式で紹介。
憧れのマイホームを一緒に建てるパートナーが、きっと見つかります!


【群馬の建築家情報】Gunma Architects Network
群馬県周辺エリアで活躍する建築家の紹介です。
建築家と建てるこだわりのオーダーメード住宅を希望する際は参考にしてください。


施工実例の紹介と家づくりのノウハウをまとめた、お役立ち情報満載の一冊です。
お気に入りの暮らし方が見つかったら、ぜひ参考にして、その夢を実現してください。
価格は360円です。書店やコンビニでお求めください。

通販はこちら

2019/10/27

2019ぐんまの家 設計・建築コンクール表彰式

みなさん、こんにちは。
10月26日(土)、群馬県庁で「ぐんまの家 設計・建設コンクール」(主催 群馬県・群馬県ゆとりある住生活推進協議会)の表彰式が開催されました。
編集部にとっては情報収集の意味もありますので、毎年恒例になりましたが見学にうかがいました。


同コンクールは、群馬県内の豊かな住生活の推進を目的に毎年実施しているものです。
今回の応募作品は新築33点、リフォーム2点。有識者による書類審査、現地審査を経て、9点が表彰されました。

今年度の最優秀賞は、ATELIER Nさんの「のぼり天井のいえ」。
コンパクトな間取りでローコストに抑えながらも、中心から両側に向かって高くなっていく「く」の字型の天井と、ガラスの欄間によって開放感を演出しているところが評価されたと言うことでした。
他にも優秀賞として「群馬の家」にも取材記事を掲載させていただいているHIRO建築工房さんの「観音山の家」、野積建設さんの「通り土間のある家」などが表彰されました。
オープンハウスで見学させていただいたWOOD'S環境計画工房さんの「HP-58 大久保の家5」なども入っていました。

今回も粒ぞろいといったところだと思いますが、もっと応募作品が増えてくれると開催趣旨である「豊かな住生活の推進」がさらに前進するように思います。
編集部としても掲載企業にこうした賞があることをお話しすることがあるのですが、なかなか増えていかないのが現状ですね。
来年はさらに盛り上がってくれるとうれしいです。

2019/09/01

「群馬の家」vol.16、発売中です。

地元の家づくりを応援する住宅専門誌、
群馬の家 vol.16 2019秋冬号発売中です。



【巻頭特集】住まいの情景
住まいと土地は切っても切れない関係にあります。
今回の巻頭特集では、住まい手にとって思い入れのある土地に建てた家や、生まれ育った風景を眺めながら暮らす家など、周辺環境と調和した3軒の住宅を紹介しています。

【自分らしい暮らしを楽しむ人々】LIFE STYLE
自分らしい暮らしを実現している人を紹介するコーナー。
今回は「環境に調和して住む」をテーマに、個性的な建物と人物を取材しました。

 【建築実例集】お宅拝見! 群馬の建築実例
群馬県や周辺地域で建てたお宅を編集部が取材。
さまざまな家族が建てた住まいの実例を、あなたの家づくりに役立ててください。

【家づくり経験者に聞いた家づくりアンケート】みんなの家づくり白書
建築実例集で取材した家族に聞いた、家づくりや住まいに関するアンケートをまとめました。
建築会社の選び方から家づくりの費用、選んだ設備などの統計データを公開しています。

【家づくりのノウハウ集】
家づくりの流れを分かりやすく紹介する「はじめての家づくりガイド」。
住宅ローンの基礎から消費増税に伴う優遇施策まで解説する「知って得する住宅ローン」
土地探しのポイントは「失敗しない土地選び」で。
家づくりに取り組む際に、押さえておきたい基礎知識を紹介しています。

【建築会社カタログ】家づくりパートナーガイド
群馬県内と周辺エリアで施工可能な建築会社をカタログ形式で紹介。
憧れのマイホームを一緒に建てるパートナーが、きっと見つかります!


【群馬の建築家情報】Gunma Architects Network
群馬県周辺エリアで活躍する建築家の紹介です。
建築家と建てるこだわりのオーダーメード住宅を希望する際は参考にしてください。


施工実例の紹介と家づくりのノウハウをまとめた、お役立ち情報満載の一冊です。
お気に入りの暮らし方が見つかったら、ぜひ参考にして、その夢を実現してください。
価格は324円+税です。書店やコンビニでお求めください。

試し読みの電子書籍も用意しました
お近くでお求めになれない場合はこちらからもご購入いただけます

2019/06/07

群馬の住宅展示場

みなさん、こんにちは。「群馬の家」編集部です。
今年、群馬県内の総合住宅展示場「上毛新聞マイホームプラザ」が2箇所オープンしましたので、会場の雰囲気を見てきました。

まずは1月にオープンした太田市のFunLab。以前の太田住宅公園から少しだけ東に引っ越ししました。
今回は「楽しんで暮らす家」がコンセプトとのことで、暮らしの楽しみ方を提案する総合住宅展示場だそうです。


インフォメーションの建物には木が生えていたり、滑り台がついていたりと、コンセプトに合わせて設計されているようでした。


敷地内には遊び場も用意されていました。


展示場は16軒。大手ハウスメーカーが中心で、かなり立派なモデルハウスが建ち並んでいます。地元企業は出展しているのかなと思い見てみましたが、太田市に本社を置く企業は3社のようですね。
全体的に広々していて駐車場もゆとりがありました。


次は6月にオープンしたタカサキハウスコレクション。
高崎駅東口にあったリアルサイズ展示場が終わり、次はどこかと思っていたら、さらに駅近になるとは思いませんでした。



高崎駅のそばだけあって、立派なモデルハウスが整然と並んでいる印象。
駐車場も他の展示場と違ってゲート式です。
モデルハウスは15軒。高崎の企業は1社、埼北から2社出ているようです。


総合住宅展示場はどうしても大手メーカーの展示場が中心になります。
「群馬の家」で紹介している工務店はごくわずかですが、取材の際に地元工務店で家を建てたご家族に聞いてみると、8割以上が一度はこうした展示場を訪問しています。
そのほとんどが、家づくりを検討し始めた初期段階での訪問です。最初にどこから始めれば良いか分からないことがその最大の理由です。

展示場を見て気に入ったハウスメーカーで家を建てるのも良いと思いますが、取材に訪れたご家族はさらに一歩進んで、展示場に出展していないビルダーにも検討の範囲を広げた結果、理想の住まいを手に入れています。
どちらが良いという事ではないのですが、総合住宅展示場も自分たちに合ったビルダーに巡り会うための一つの手段として考えるのが良いのかなと思います。


ちなみに、ビルダーが単独で公開しているモデルハウスもあります。
直近では5月にヤマイチさんが前橋市内にモデルハウスをオープンしています。
こうした単独出店型の展示場を展開するビルダーは増えています。見学のためには予約が必要なことが多いですが、いわゆるリアルサイズのモデルハウスがほとんどです。気になったビルダーが見つかった際、ホームページなどをチェックしてモデルハウスがあることが分かったら、問い合わせて見学させてもらうのがオススメです。
モデルハウスの情報は「群馬の家HP」にも出ていますので、参考にしてください。

2019/03/14

個性的な賃貸物件の内覧会

みなさん、こんにちは。「群馬の家」編集部です。

日頃、「群馬の家」の取材にご協力いただいている工務店さん、設計事務所さんが手掛けた賃貸物件の内覧会が同時期に2箇所ありましたので、見学させていただきました。

まずは高崎市の高崎経済大学の近くに建てられた、単身者向け賃貸アパート「木鹿荘」。
ポライトデザインオフィスさん設計、ほしかわ工務店さん施工です。


コの字の内側に玄関が配置された6戸は、メゾネットあり、平屋あり、ロフトやデッキやバルコニーなどそれぞれに特徴があります。


中には、ほしかわ工務店さんが参加している、デザイナーが設計して大工さんが造る家具「わざわ座」の木の家具が造り付けられた部屋もあります。

こちらは平屋タイプのキッチンスペース。窓の外はデッキになってます。

場所柄、大学生の入居が多くなるのではないかと思いますが、若いうちからこうした住まいで暮らせるのはうらやましい限りですね。


次は太田市内に建てられた、arc-dさん設計の賃貸です。
こちらはファミリー向け。3LDKが3棟連なっています。


各戸に独立した外でくつろげる空間が設定されているのも大きな特徴です。
テラスやバルコニーなど、部屋によって違いがあります。
内部はarc-dさんらしい雰囲気を感じさせながらも、住まい手によって柔軟に対応できるようにゆったりしたスペースと十分な収納力を備えたシンプルな構成でした。
この周辺でこうした賃貸物件は珍しいので、豊かな住空間を望む家族が入居のではないかと想像します。地方都市といえども、賃貸にも選択肢がある方が良いですね。


普段は新築、リノベーションの戸建て住宅を見ることがほとんどですので、たまたまですがこうした機会に恵まれて参考になりました。
これまでは群馬のアパートと言えば、単身者か結婚後の数年を過ごすというイメージでした。「群馬の家」で取材にお邪魔する住宅で聞いても、アパートからの住み替えが圧倒的に多いです。
今後は老後の過ごし方も含め、さまざまな暮らし方が想定されます。
そういった意味でも、個性的な賃貸物件が群馬にもできていくことは、望ましいことなのではないでしょうか。