2014年4月22日火曜日

開放感のある“アンティーク調の平屋”を見学してきました

こんにちは。編集部のサトウです。
先日、高崎市本郷町で開催されていた
Biscotti HOUSE さんのオープンハウスにお邪魔してきました。

まず私が一目惚れしたのが、
コチラ、勾配天井を生かした大きなトップライト。
もう、とにかく美しいですよねー。
リビングから撮影したのですが、まるで軽井沢の別荘地さながらの雰囲気☆
外観は、東南から撮影すると…
風が強い日だったこともあり、
工務部シニアマネージャーの青木さん、営業担当の棚澤さんが、
セッティングに奔走されていました。
この“おもてなし”の姿勢、いつも頭が下がります。
続いて、真東から撮影。
コンパクトな平屋に見えますが…
中に一歩入ると、開放感あふれる空間が広がっていて、驚きました!
スペイン瓦、エイジング加工を施した塗り壁。
このアンティーク調の佇まい、
ビスコッティハウスさんが得意とするところです。
見てください!こちらがダイニング・キッチンです。
今までお邪魔させていただいたビスコッティハウスさんの施工例とは
また一味違うテイスト!
板張りの壁に合わせた無骨なペンダントライト。
こういうコーディネート、新鮮でハッとしました。
キッチンの壁面も印象的!
思わず、アップで撮影してしまったほど。

最近、人気上昇中の「平屋暮らし」。
いろいろな意味で「平屋の可能性」を感じさせられました。

0 件のコメント:

コメントを投稿