2017年11月14日火曜日

秋のオープンハウス巡り

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
先日、前橋市内で開かれたオープンハウス2軒を訪問してきました。

まずはStyle&Heart Homeさんの二世帯住宅です。
タイル張りの外観、石張りの壁を採用したリビング、ウィリアムモリスの壁紙を使用したトイレなど、独特なデザインが魅力的な家でした。



  

左右で世帯が分かれているタイプの二世帯住宅です。
中央には広々としたウッドデッキが設けてあり、さまざまな用途に利用できそうでした。



次に訪れたのは、斉藤林業さんのオープンハウスは、人気の平屋です。
趣味を楽しめるように工夫していました。





夫婦二人暮らしの家らしく、コンパクトながら、明るく、ゆとりを感じさせる設計でした。また、玄関から繋がる土間スペースでは、スキー板のチューニングまで可能なように仕上がっています。


こうした造作棚も、面の取り方一つとっても細やかな仕事がされているところが、斉藤林業さんの特徴でもあります。


スタッフさんが来ている法被もかっこいいですね。
地元工務店感に満ちているようでした。

2017年11月8日水曜日

「ぐんまの家 設計・建設コンクール」を見学してきました。

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

10月28日(土)に群馬会館(前橋市)で、群馬県と群馬県ゆとりある住生活推進協議会による「ぐんまの家 設計・建設コンクール」の表彰式が開かれましたので、今年も見学させていただきました。



このコンクールは、群馬県内の豊かな住生活の推進を目的に、毎年開催しています。
今回は36点の作品が応募され、書類審査、現地審査を経て、11点が表彰されました。

最優秀賞は米田横堀建築研究所さんの「山河の家」。
こちらはオープンハウスの際に、私も見学させていただきました。
利根川を見下ろす絶好のロケーションに立つ平屋です。

毎年のことなのですが、応募作品の中には、「群馬の家」で取材させていただいた家がいくつもありました。応募作品すべてを表彰するわけにもいかないですが、受賞作品以外も素晴らしい家がたくさんあります。こうした家を見てもらう機会があると、もっと群馬の住宅のレベルが上がっていくようにも思います。
私たちが少しでもその役に立てるとうれしいですね。