2016年3月14日月曜日

オープンハウス三昧

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
3月13日に群馬県内で開かれていたオープンハウスを3軒、見学してきました。

1軒目はミヤホームさんのコンパクトな平屋。



ホワイトを基調にしたすっきりした居住空間。
そして、玄関はバイクガレージを兼ねています。杉板張りの壁とウッドデッキ用の木材を敷き詰めた床。趣味のスペースとしては最高ですね。


次はスタジオ・ノームさんの物件へ。



玄関土間の薪ストーブが暖かく迎えてくれる住まいでした。
玄関からLDKまで繋がったオープンな空間。2階には棚やカウンターを造作した書斎スペースが存在感を放っていました。


最後は田村建設さん。



こちらも薪ストーブが中心にある家です。
パインの床が心地いいLDKの隣には、畳敷きの寝室が続いています。
LDKの上は吹き抜けになっていて、一体感がありました。


久しぶりの内覧会巡りでしたが、建築会社それぞれの特徴が出ていて、楽しめました。
気になっている建築会社がいくつかある場合は、見比べてみるのが一番だと思いますよ。

2016年3月7日月曜日

「木組みの家」家づくり勉強会

みなさん、こんちには。編集部ナツイです。
30代で建てる群馬の家」最新号が発売となり、久しぶりに建築会社のイベントに参加してきました。


参加したのは、ケイハウスさんと設計事務所の工作舎さんの共同企画「木組みの家」の勉強会です。
この勉強会は全5回のシリーズ企画で、実際に施工している「木組みの家」の現状を見ながら、構造や設計、水回り、仕上げなどのテーマについて学んでいくものです。
初回となる今回は、構造見学会を兼ねた「構造」に関する勉強会でした。

手刻みでつくる木組みの家と、現在主流となっているプレカットを駆使してつくる家の違い、伝統的な継手の解説などを行っていました。


次回は4月中に設計に関する勉強会を開くそうですので、関心のある方は時期が近づいてきたら「群馬の家」HPのイベント情報をチェックしてみてください。