2015年11月25日水曜日

エスエー企画さんの「親子で考えた暮らしを楽しむ家」

こんにちは。編集部のサトウです。
 
先日、渋川市内で開催された
「親子で考えた暮らしを楽しむ家」
リノベーション完成見学会に参加してきました。

 
お母様とお嬢様の「可愛い♥」を実現。
無垢の床材と漆喰で仕上げた、ナチュラルカントリーなお家だそうです。
 
「猫さんのための工夫がしてある♪」と事前にお伺いしていましたので、
猫と暮らす私・・・楽しみにしていたんです。
 
その工夫の一つが、このリビングにありました。
“猫さんの引っかき防止”として、腰板風クロスを選んだそうです。
なるほど・・・。確かに、LDKのナチュラルな雰囲気によく似合っていますね。
 

玄関ホールとリビングとの間の建具。
なんと、取っ手が猫さんでした☆
しかも、猫様用の出入り口が付いているんです。
 
 
可動棚を設置したパントリー。
シャーベットオレンジ色のクロス、可愛いですね~。
そしてもともとの基礎である梁が、空間のアクセントになっていますね。
 
 
トイレの色使いにも、建て主さんの遊び心が感じられます。
 
今回リフォームをしたLDK、水まわり、廊下には全て
断熱改をしています」と、案内してくださったOさんに伺いました。
あいにく見学した当日は、冷たい雨交じりの一日だったのですが、
廊下に置いたストーブ一台だけで、
LDKを含む空間全体がすごく暖かかったので驚きました。
 
気になる方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね。
12月5日(土)には、本社「体感モデルハウス」(渋川市赤城町)にて、
クリスマスリースづくりのイベントも予定しているそうです。

イシカワさんの「気配り空間の家」

こんにちは。編集部のサトウです。
 
伊勢崎市内で開催された、イシカワさん
「~風と光を感じる~気配り空間の家」完成見学会にお邪魔してきました。

 
堂々たる外観! 延床面積45坪と伺いました。
 
 
西方向から撮影。
接道面である西側が、ご家族の駐車スペースになるそうです。
 
 
リビングの一角に設けられた、小上がりの畳コーナー。
段差の部分は引き出し収納になっているんです。
 
 
こちらは階段下に設置した収納です。
空間を有効活用したこの収納アイデア、
「ぜひ、参考にしたい!」と思う方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
そして、2階フロアから固定階段で繋がった先は・・・
イシカワさんの特徴でもある、小屋裏収納になっています。
 
 
季節外のモノの収納スペースとしてはもちろん、
読書や音楽を楽しみたい♪ご主人の秘密基地として。
あるいはお子様の遊び場としてなど、
自由な発想で利用できる、延床面積にカウントされない空間。
人気があるのも納得ですね~。
 
関心のある方は、
前橋市関根町・国道17号沿いの上毛新聞マイホームプラザ前橋北会場内にある
展示場を訪問してみてはいかがでしょうか?
 

2015年11月19日木曜日

設計事務所のオープンハウス2軒

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

今回は、「群馬の家」の特集記事でお世話になったことがある設計事務所のオープンハウスに行ってきました。

1軒目はarc-dさんの「加須の家」。


ゆったりとしたLDKを中心にした住まいです。
真ん中に通り土間があって、そこからリビングや子ども部屋、サニタリーなどが、角度を変えて配置してあります。
薪ストーブを配置したその土間がすべての空間を結んでいる印象で、緩やかに繋がる心地よさを感じました。



次は伊勢崎市内で開かれた、kaz建築研究室さんのオープンハウスです。



箱を繋いだような外観で、中に入ると、リビング、ダイニング、和室とそれぞれが庭を挟んで配置されています。
室内は素材感を感じさせるシンプルな仕上げ。そのシンプルさがかっこよさを醸し出しているようです。
平屋がベースになっているようで、中央にある2階部分は子ども部屋になっていました。


こうした住まいは完全に建て主さんの仕様に合わせたオーダーメードです。
家を通じて、ライフスタイルが垣間見えるような気がして、楽しいですよ。

2015年11月18日水曜日

中島林産さんの「リズムで遊ぼう!親子で楽しめるドラムサークル!!」

こんにちは。編集部のサトウです。
 
「リズムで遊ぼう!親子で楽しめるドラムサークル!!」に参加してきました。
 
 
会場は高崎市内にある、中島林産さん本社のロビーです。
 
 
見事に色づいたメタセコイアと、薪ストーブの煙突。
高崎インターに程近い工業団地の一角にあるのですが、
こうして見ると、まるで軽井沢の避暑地であるかのように、
非日常感をまとった、落ち着いた佇まいですね。
 
 
ドンドコドンドコ、太鼓の音が鳴り響くロビー。
早くも開始時間前から、音遊びをする子どもたちの熱気が満ちあふれていました。
 
 
ウイットに富んだ中島社長の挨拶で、ドラムサークルのスタートです。
 
 
スマイルビ-トの清水和美さんをファシリテ-タ-に迎えた、
輪になって太鼓を叩く「ドラムサークル」。
近年、病院や老人ホーム、児童館、障害児施設などでも
取り入れられている活動だと伺いました。
 
 
親子参加だった午後の部は、9家族・約30名が参加。
「音楽が苦手、楽器はやったことがない・・・という方でも大丈夫!
子どもからお年寄りまで、どなたでも参加できて、皆で楽しめます」
とは、主催者の中島明日香さんの言葉ですが、
本当にその通りでした。
1人で参加した私も、近くの席のお子様(まだ乳幼児♥)と一緒に、
一つの太鼓をシェアして、楽しい時間を過ごすことができました。


詳しくは、中島明日香さんの音楽情報ブログ「Askaの音楽ブログ 」で
紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。

3軒の内覧会に行ってきました。

こんにちは。営業のムトヲです。

14日に3軒の内覧会に行ってきました。


1軒目は伊勢崎の大進建設さん。

長く愛せる平屋。たくさんの来場者で、その需要の高さがうかがえた。
長く続く廊下も平屋らしい。子供たちのいい遊び場にもなる
中二階に書斎にもなるスタディーエリア。リビングが見渡せる
平屋の人気は高く、十数名のお客様がいらっしゃった。
土地が東西に長く取れるなら平屋。と密かに私も憧れている。


2軒目は高崎のエフズスタイルさん。

写真ではうまく伝わらないが、高気密で室温は18度。
雨で肌寒い日にもかかわらず、快適に過ごせる。

家事動線やメンテナンスのよさも計算された使い勝手のよいLDK

機能・性能面もこれからの家づくりに考慮したい一面だ。
特に真夏と真冬に大きな差を生む。


3軒目は高崎のティーテックさん。

センス良く統一された空間は上質で、こだわりぬかれている。
家に帰るのが楽しみになる佇まいだ。

美しいLDK。オリジナルのキッチン。漆喰のリビング。センスの高さを感じる
リビングのボウウインドウはベンチになっている。
小物にもセンスが光る。統一された空間はその上質さを物語る

今回、3軒の内覧会にお邪魔してきたが、スタイルは3社3様。
どれも素晴らしい家でしたが、
これから住宅を検討する読者の方々には家族のコンセプトを考え、
創造をふくらませて欲しい。

そして素敵な家創りを楽しんで欲しいと感じた一日でした。

2015年11月11日水曜日

【11/7】ほしかわ工務店さんの内覧会に行ってきました。

営業のムトヲです。

先週土曜日にほしかわ工務店さんの内覧会に行ってきました。





 随所に光る意匠に工務店さんとお施主さんのセンスのよさを感じつつ
時間を忘れ愉しんできてしまいました。



船底天井張りの玄関ホールには大工さんの実力が伺える

ちょうど良いサイズのLDK。センスの良い家具が並び、木の香りが広がる


今回、もっとも読者の皆さんに参考にしてもらいたいのは『窓』です。


電線や道路が見えないように絶妙な位置に配置されている。

エリア的に、元々眺望のよい環境でしたが、移ろう四季をめでる喜びってありませんか。
例えば、○○山が見える。落葉樹、広葉樹が見えるなど・・
電線や野立ての看板など興をそがれる要素はできるだけ排除したいものです。

みなさんの家づくりにおいても「その窓から見える景色」にこだわって
生活に彩りを加えてみてはいかがでしょうか。





2015年11月10日火曜日

「お宅拝見」シーズン到来! エスエー企画さんの取材で嬬恋村へ

こんにちは。編集部のサトウです。
一雨ごとに秋が深まり、冬の訪れが間近に迫っていることを実感する今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 
私たち編集部は、というと・・・ いよいよ取材シーズン到来!
住宅実例集「お宅拝見」の取材、
そして特集のリサーチを兼ねて内覧会に参加したりと、
県内各地を東奔西走しています。
(※「群馬の家」次号は2016年3月1日発売予定となります)
 
先日は、エスエー企画さんの取材で、嬬恋村に行ってきました!



9月の完成見学会でお邪魔したお宅だったのですが、
見事な紅葉を背景にすると、また一段と味わい深さが増しますね。



雨が降りしきり、最高気温11℃という中、
断熱性能にこだわった家の中は、もう本当に暖かでした♪
 
 
薪ストーブの暖気が室内にくまなく行き渡り、室温は約25℃!
笑顔を交えて家づくりを振り返るご夫婦は、
新しい暮らしに心から満足されている様子で、
お話を伺った私も、幸せをお裾分けしていただいたような気持ちになりました。
 
そして・・・。
この日は、取材に立ち会ってくださったスタッフのSさん&Oさんのご厚意に甘えて、
現地に向かう途中、長野原町「レストラン野苺」さんで、女子会ランチ☆
 
 
なんと、セットのサラダには、柿が!
Oさん曰く「セロリ風味のドレッシング!?」、
意外や意外、柿にすんなりマッチング。
 
 
これが目的の「焼きカレー」。
アツアツ、さらに具だくさんでウマウマ。
やみつきになりそうな完成度の高さ!
 
さらに・・・。
帰路、子どもにリクエストされた「ヒョウタン」を求めて、
道の駅八ッ場ふるさと館に立ち寄りました。
雨、しかも日没後という時間帯にも関わらず、なかなかの人気ぶりで驚きました。
 
 
もうシーズンオフなのか?「ヒョウタン」は発見できず。
代わりに「フォックスフェイス(別名キツネナス、カナリアナス)」をお土産にセレクト。
見慣れぬ形状に最初はビックリしたものの、結果大満足!でほっとしました。
 
エスエー企画さん11月14日(土)~15日(日)
渋川市有馬で大規模リフォームの完成見学会
「親子で考えた暮らしを楽しむ家」を開催予定です。
 
関心のある方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね。
 
 

2015年11月9日月曜日

「芝屋根」のショールーム

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

伊勢崎に、スタジオ・ノームさんとG.K.WORKSさんのショールームが完成したと聞いて、早速見学してきました。
芝生を敷き詰めた「緑化屋根」と薪ストーブを備えたショールームです。


外壁にレッドシダーを採用した平屋です。
外からパッと見では気付かないかもしれませんが、


屋根の上はこのように、芝生が敷き詰められています。
屋根に上がると、何ともいえない開放感があります。
G.K.WORKSの小沼社長は、ここでコーヒーをいれて飲むのが楽しみだとおっしゃっていました。きっと格別なんでしょうね。



内部はショールーム、打ち合わせスペース、事務所になっています。
ショールーム部分はスタジオ・ノームさんらしい雰囲気で、もちろん薪ストーブもあります。
ところどころ、モルタルの造形も施されていて、スタジオ・ノームさんが得意とするテイストがギュッと詰まった感じです。
また、水回りも完備されているので、実際に暮らしに近い体験が可能になっているとのことでした。



庭には薪棚が用意され、薪がぎっしり詰まっています。
庭にはさまざまな木が植えられていて、数年経ってくると森のような雰囲気になりそうです。その他にもハーブなどが植えられているそうです。

見学を希望する場合は、スタジオ・ノームさんまでお問い合わせくださいね。

2015年11月5日木曜日

和モダンハウス内覧会

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

10月31日~11月8日まで、前橋市富士見町で開かれている、
TDホーム前橋さんの「和モダンハウス」のオープンハウスに参加してきました。


深みのある落ち着いた床や建具と、白い壁の組み合わせが和モダンの空間を演出しています。
あずき色のブラインドもいい雰囲気ですね。


リビングの木製階段の下にはデスクを造り付けてありました。
キッチンから良く見える場所にあって、PCコーナーとして、また、お子様のスタディーコーナーとしても活用するそうです。


浴室の入口に設けた洗面台はオリジナル。
木製の格子がリビング側からの目隠しになっています。


こちらの住まいで一番目を引くのは、やはりリビングの木製階段。
個人的な感想ですが、いきもののようなうねりを感じて、存在感抜群だと思います。

和モダンの住まいは、落ち着いた印象を与えると思います。
これは好みの問題になりますが、和モダンでコーディネートされた暮らしも快適そうですね。

2015年11月4日水曜日

秋のオープンハウスめぐり

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
10月31日、オープンハウスが県内各地で開かれていたので、気になる4軒にお邪魔してきました。

まずは富岡市内で開かれたスタジオ・ノームさんのオープンハウスから。


スタジオ・ノームさんらしい、かわいらしい外観の家で、中に入ると広々としたLDKがあります。
大きな吹き抜けの上はホールになっていて、その両側に個室が設けられていました。


漆喰で仕上げた、空気感が心地よい住まいでした。
実際に家具が入って暮らし始めると、どんな雰囲気になるかとても楽しみです。



2軒目は前橋市内で開かれた、ミヤホームさんのオープンハウスです。


玄関から正面を望む景色が気に入ったので写真を撮ってみました。
ガラス戸越しに明るいリビングが見えます。手前の左側は、ピアノが設置されるということで、広いスペースが取られているようでした。


リビングの中にはペレットストーブがありました。
ペレットストーブは、木を原料にしたペレットを燃料にして部屋を暖める暖房器具です。
薪ストーブより手軽でありながら、エアコンと違って火で直接空間を暖めてくれます。


さて、3軒目と4軒目は写真がないので文章だけの紹介です。

伊勢崎市内で開かれた杉内建設さんの見学会は、2世帯の和モダン風住宅でした。
アンティークが好きなご両親だったということで、特に親世帯側にはこれまで収集してきたという欄間や蔵の扉、照明や黒電話などが設置されていて、独特の雰囲気を醸し出していました。

最後は小林建設さんの内覧会。太田市内で2棟同時開催でした。
玄関はゆとりのある土間空間。吹き抜けやキッチンなど見どころが多く、またOMクワトロソーラー搭載と言うことで、陽が落ちかけてずいぶん冷え込んできた中でも屋内はとても快適でした。


この日の4軒はどれもタイプの違う住まいでした。
暮らしのイメージができている場合は良いですが、どんな家に住みたいか悩んでいるなら、まずはたくさん見てみるという方法もありかもしれませんよ。