2015年3月31日火曜日

ナイスホームさんの「住まいの耐震博覧会」

こんにちは。編集部のサトウです。
先週末、東京ビッグサイトで開催された、「住まいの耐震博覧会」に行ってきました。
 
 
「住宅の耐震化」をキーワードに木材、建材、住宅設備機器などを紹介する、
ナイス株式会社 主催の総合展示会です。
ナイスホームさんにお声がけいただき、今回初めてバスツアーに参加しました。
 
 
 
楽しみにしていた、「木材エリア」では、
かねてより憧れていた、奈良・吉野にある徳田銘木さんのブースを発見!
 
 
栓の木など、なかなか巡り合うことがない貴重な木材を、
間近で見て、触れて、大感激!
 
木材エリアには、材木店だけではなく、福島県や栃木県といった、
県単位のブースもあり、それぞれ趣向を凝らした展示が楽しめました。
 
 
こちらは、小さなお子様たちを遊ばせる「おたのしみコーナー」
 
木でつくった玩具で遊べるのはもちろん、
ソーラーカーなどを製作する体験コーナーもあり、想像以上に充実していました。
 
 
そして、この長蛇の列の先は・・・
 
大地震の揺れを実際に体験できるという「地震体験車」
震度6の揺れは、見ている方も怖いくらいでした。
 
同行した渡辺営業デスクは、耐震模型をひとつひとつ操作するなど、
「健康・省エネ・地震に強い すまいとくらしのエリア」を熱心に見学していました。
 
このほか、住宅設備・建材メーカーのブースもあり、
今春に新発売される商品も多数展示されて注目を集めていました。
 
毎年開催される「耐震博覧会」。
春休み期間中ということもあり、お子様連れでも気兼ねなく参加できますので
気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

2015年3月25日水曜日

アルネットホーム太田展示場を見学

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

新しくなった総合住宅展示場、TBSハウジングのイオンモール太田会場に寄ってきました。
目的は、アルネットホームさんの太田展示場を見学するためです。

今回は薪ストーブを設置した土間からお邪魔しました。
「ブックカフェ」と名付けれた空間は、趣味を楽しむ空間を提案してくれます。



土間から玄関に入ったところで、リビング越しにダイニングまで見渡せました。
窓際のチェアが素敵だったので、早速写真を撮ってみました。



リビングから2階に上がる途中の中2階には、畳コーナーが。
もちろん、ここからリビングを見渡せます。また、この下は、大容量の収納になっていました。



最後は寝室のロフトを活用した書斎スペース。
エアロバイクもあって、暮らし方が見えてきますね。
写真の後ろは、同様のスペースを収納に活用していました。



ところどころに工夫がされていて、見学していて楽しめる空間です。
太田展示場は、「群馬の家」最新号で写真を掲載しましたので、本を作る際に資料を見て雰囲気は分かっているつもりでしたが、実際に行ってみると改めて感じるところもありますね。

見応え十分な、「モダンカントリー調」のモデルハウスでした。

2015年3月24日火曜日

タカトーホームさんの二世帯住宅

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
3月21.22日に伊勢崎市内で開催された、タカトーホームさんのオープンハウスにお邪魔してきました。
今回は二世帯住宅。建て替えだそうで、同様のパターンを検討している方も多いのではないでしょうか。


玄関に入って正面に大きな開口部が。
コの字型のスペースには、建て主さんの手による庭ができていました。
どうやらこれでも完成ではないらしく、さらに手が加わるということだそうです。仕上がりが楽しみです。


広々としたLDKは、木と珪藻土で造られています。
タカトーホームさんは壁や天井の珪藻土が標準仕様。
こうしたナチュラルテイストの空間づくりはさすがですね。


毎回、オープンハウスで楽しみにしているのが、タイルをあしらった洗面台。
今回もモザイクタイルを採用してオシャレに仕上げていました。

他にもシックな書斎や寝室などもあり、モダンすぎず、和すぎず、といった印象。
二世帯それぞれの好みが同居した住まいだと感じました。

2015年3月23日月曜日

「雑貨が似合う家」 Biscotti HOUSE さんのOPEN HOUSE

こんにちは。編集部のサトウです。
3月21日から3日間、前橋市内で開催された、
「雑貨が似合う家」Biscotti HOUSE さんのOPEN HOUSEにお邪魔してきました。
 
エイジング加工を施した外壁が、独特の温かみを感じさせる外観。
その塗り壁に、赤い玄関扉がよく似合います。
玄関ホールには、ステンドグラス調のペンダントライトを合わせていました。
さらに玄関ホールには、雑貨を飾るためニッチが大小並んでいて、
玄関に一歩入るとすぐに“大人カワイイ"空間が広がり、期待感が高まります!
今回、案内してくださったのは、Pさん。
辛いモノが大好きな者同士、劇辛ラーメン・劇辛カレーetc.
Pさんに会える時は、情報交換が楽しみで仕方ありません♪
リビングの説明を伺いながら、撮影!
Pさん一押しなのが、このアングル。
お料理が大好きだという施主様の希望で配したL字型のキッチンからは、
リビング、そしてテラスまでが一望の下に。
 
同じ位置から視線を左に振ると・・・。
 
アールをつけた垂れ壁でゾーニングした、ちょっとこもった感じのダイニング。
まだその奥にも部屋があり・・・。
 
 
アンティークな趣でほっと和めるこの空間は、
書斎としてご利用になる予定だそうです。
 
まだまだ、これだけではありません。
リビング階段の下に見える隙間、何だと思いますか? 
 
 
階段下に造ったのは、愛犬のためのスペース。
デザインだけでなく、床をフロアタイルにしたり、お掃除のしやすさにも配慮してあるのですね。
 
以降は、さくさくとご紹介いたします。
タイル張りで仕上げた、愛らしい雰囲気の洗面コーナー。
床はピンクとホワイトのツートンカラーです。
2階の寝室。
エイジング加工を施した梁、木枠の窓。
照明がまたいい味を出しているんです。
2階ホールには、「オブジェ?」とまばたきをしてしまうくらい、存在感のある照明があり。
子ども部屋には、通常は外灯などに使う無骨な照明があり。
2階のトイレ。ココだけちょっとテイストが違いますね。
パリのカルチエ・ラタン(Quartier latin)を思い出して、懐かしくなりました。
こちらもPさんお勧めのアングル。
2階の階段ホールを撮影。
こちらは、キッチンのシャンデリア。
空間に合わせて、それぞれ個性的な照明が使われていました。
全て、Biscotti HOUSE さんに併設されたショップで取り扱っているものだそうです。
 私が見学したのは最終日の平日でしたが、
県外からお見えになったお客様がいらしたり、
ファンの熱気を肌で感じた一日でした。
 
次の見学会は4月18日から3日間、伊勢崎で開催予定とのことです。
関心のある方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

2015年3月21日土曜日

斉藤林業さんのオープンハウス

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

3月21.22日に前橋市内で開催された、斉藤林業さんの完成見学会に参加してきました。




斉藤林業さんといえば、群馬県産木材を使用している点が特徴。
やわらかく、温かみのある杉を多用しているので、優しい印象に仕上がります。
さらに、立派な大黒柱を備えているので、見学や取材の際は、どうしても気になってみてしまいます。
今回、写真の左に映っている大黒柱は、ケヤキだそうです。珍しいですね。



斉藤林業さんは家具も手掛けていて、カウンターの前にあるスツールの他にも、テーブルや椅子、学習机なども展示されていました。
また、今回は寝具店の金澤屋さんとコラボしてつくったベッドフレームもお披露目されていました。
群馬の企業同士のタッグですから、今後が楽しみです。


2015年3月16日月曜日

ウッドメイドさんの薪・薪・薪…

こんにちは。編集部サトウです。
 
「群馬の家」最新号の発刊に伴い、建築会社さんや書店さんなどへのご挨拶まわりで、
この3月は県内を東奔西走しております。
 
先日は、高崎市和田多中町にあるウッドメイドさんの事務所にお邪魔してきました。

 
「このところ薪割りに気合がはいってます」とupされていたので、
数日来、楽しみにしていたんです。
 
打ち合わせが済んだあと、
本社に隣接する住宅の敷地内に入らせていただきました。
 
 
すると・・・。
 

 
想像を超える量の薪が・・・。
 
 
 
 
この一升がちょうど、冬場の1カ月間に使用する量だそうです。
 
 
敷地内に設置された薪置き場は、一冬=11~3月の5カ月分=5升ありました。
来冬に使う予定の薪は、このあと全て仕込んでしまうつもりで、
薪割りが済んだものから順に積み上げて、乾燥させているのだそうです。
 
「群馬の家」実例特集でも、薪ストーブを愛用するお宅を取材させていただく頻度が、
このところ増えたような気がします。
 
冬は愛猫と布団乾燥機で暖をとっている私。
「薪ストーブのある暮らし」・・・いつか憧れが叶う日がくるのでしょうか?