2014年5月31日土曜日

林藤ハウジングさんの「身体に優しい住まい」完成見学会

こんにちは。編集部のサトウです。
5月最終日となったこの週末、吉岡町で開催されていた
林藤ハウジングさん「身体に優しい住まい」完成見学会にお邪魔してきました。

担当者に伺ったところ、
平成25年度「地域型住宅ブランド事業」(補助金100万円)、
「ぐんまの木で家づくり支援事業」(補助金60万円)適用住宅だそうです。

大きな吹き抜けの一角には、キャットウオークが設けられていました。
リビングのコーナー(南東)から和室とダイニングを撮影。
壁には、調湿効果のある珪藻土を用いているそうです。
無垢材をふんだんに使った住空間は、風通しも良く、やはり居心地が違いますね。
キッチンのカウンター越しに撮影してみました。
ダイニング、リビング、和室までが一望の下に見渡せますね。
特にお子様が小さいうちは、家事をしながらでも、
お子様に目が届くので、ママも安心できそうです。

尚、林藤ハウジングさんは、6月に完成見学会を2カ所(新築、古民家改修)で開催予定だそうです。関心のある方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね。

石原工房さんの平屋建て住宅「本当に空気のきれいな家」

こんにちは。編集部のサトウです。
最近、行く先々で「日に焼けたね~!」と驚かれます(ちょっと涙)
取材や見学会など、戸外で過ごす時間が増えたせいでしょうか?
(次の休みには美白パックでもしてみようかな…。)

本日は、前橋市富田町で開催中の見学会に行ってきました。
石原工房さん平屋建て住宅「本当に空気のきれいな家」です。


石原工房さんといえば、厳選した自然素材にこだわった健康住宅ですね。
構造材や造作材に使用する木材は、
常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせて熟成乾燥させた「音響熟成木材」
そして壁には、有害な化学物質を半永久的に吸着分解する「幻の漆喰」を用いています。

今回の見学会は、いま人気上昇中の平屋ということで、
朝からテンションup!ドキドキワクワクしながらお邪魔しました。
勾配屋根の形状をいかしているためでしょうか、すごく開放感があります。
そして和室から繋がるロフト。珍しいですね~。

子ども部屋の上にもロフトが!
高いところが大好きな私、もう嬉しくて、すぐ登ってしまいます。
階段の途中から撮影。
ゆったり広がる空間に、ほ~っと深くため息が出ます。
ウチの子・ミミだったら、絵本たくさん&画用紙&色鉛筆を持ち込んで、
「紙芝居のお城」にしちゃうんだろうな~。
こだわりの自然素材で造られた洗面コーナー。
ココ、どこだと思いますか?
建物の北面に設けたサンルームなんです。
風通しがよく、日当たりも十分。
お天気に関係なく、洗濯物が思いっきり干せますね。いいな~。

コチラ、前橋市冨田町の見学会は、当日以外の見学でも、相談可能とのことですので、
関心のある方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね!

2014年5月27日火曜日

スタジオ・ノームさんの実例取材と「蔵の街」

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

先日、9月1日発売の「群馬の家」に掲載する、スタジオ・ノームさんの実例取材に行ってきました。


「自然素材」を使った住まいに、お得意の薪ストーブの組み合わせは、やはりインパクトがありますね。吹き抜けの上からダイニングと薪ストーブを撮ってみました。


そして、薪ストーブ。炉台は漆喰の一部がはがれ落ちてレンガが現れているように見えますが、
左端の「木」まで全てモルタルで造ったものです。
まるでテーマパークのようです。職人の技が光りますね。

他にも建築主さんが細かな部分までこだわった住まいで、見どころはたくさんあるのですが、
全部紹介してしまうと本に載せるものがなくなっちゃいますのでこの辺で。
あとは9月発売の本誌をお楽しみに!




次に、お休みを利用して隣県の栃木県栃木市に行ってきましたのでご紹介します。
「蔵の街」の中心を流れる巴波川。鯉のぼりがたくさん泳いでいました。
この川には、船頭さんが操船する遊覧船もありますよ。


この日は今年で5回目を迎えるイベント「クラモノ。」が開かれていました。
歴史ある建物が多い嘉右衛門町のあちこちに、飲食店や雑貨などの物販店が出店するイベントです。出展者は栃木だけではなく、群馬や茨城、東京からも来ていました。
3年前に一度来ていますが、出展者数も増えていて、盛況のようでした。
徐々に大きなイベントに育っているのかもしれません。

会場の一つ、国の登録有形文化財に指定されている「油伝味噌」ではライブが開かれていました。普段は入れない味噌蔵の中は、独特の空気感がありました。


普段の癖なのか、つい演奏よりも建物の方に目がいってしまいます…

外では、以前も食べて美味しかった、茨城県の小比賀石材店さんが出店している石窯ピザをいただきました。
ご本人もおっしゃっていましたが、以前よりレベルアップして美味しくなっていました。


青空の下で、焼きたてをすぐに食べられるのが一番の魅力でしょうか。
熱々のうちにいただきました。口の中をやけどするのは、もう仕方がないですね。
いいリフレッシュ休暇になりました。

2014年5月25日日曜日

寺島製材所さんのナチュラルスタイルの家

こんにちは。編集部のサトウです。
本日は、高崎市日高町で開催されていた、寺島製材所さんの完成見学会
~「和」へとつながるリビングのある ナチュラルスタイルの家~ へお邪魔してきました。

まずは、リビングからフラットに繋がる和室を撮影。
木の温もりを感じさせる、伸びやかでモダンなデザイン。
寺島製材所さんならでは、だと思います。

                  続いて、和室からLDKを眺めると…。
         カウンター越しにご家族の会話が弾む様子が、自然と目に浮かんできますね。
                     床はナラの無垢材だそうです。

写真左がキッチン。
写真右の引き戸は玄関ホールに繋がっています。
モザイクタイルは、淡いパープルのグラデーション。
お施主様がモデルハウスのキッチンを気に入られて、同じ仕様にされたと伺いました。
キッチンの奥はオープンのパントリーです。
たっぷりした容量がある上に、
この位置ならば来客の目にも入りにくいので、重宝しそうです。
寺島製材所さんの見学会で、私が密かに楽しみにしているのがトイレです。
落ち着いた色使いで、木の温もりもあって、ちょっと憧れだったりします。
寝室の床は、杉の無垢材だそうです。
写真右奥は、ゆったりしたサイズのウオークインクロゼット。

こちら寺島製材所さんは、6月14日(土)・15日(日)の2日間、
渋川市北橘町にあるショールームで「マイホームフェア」を開催予定です。
関心のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

2014年5月23日金曜日

5月24.25日は斉藤林業さんの内覧会

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
5月24日(土)、25日(日)に太田市で開かれる斉藤林業さんの内覧会の物件を、
フライング気味に見せていただきました(笑)

斉藤林業さんらしい、すっきりしたナチュラルテイストのLDK。
キッチンにはアイランドタイプの流し台兼作業台と、横に並んだダイニングテーブルが印象的です。

リビングには薪ストーブの設置が着々と進められていました。



リビングの上部は吹き抜けになっていましたので、上からも写真を撮ってみました。
写真右側に薪ストーブが、そして左上には造作のテレビボードがあります。


そして、2階の子ども部屋。木のデスクがとてもいい雰囲気でした。
子ども部屋はちょうどデスクの右側当たり仕切りの壁を作れるように設計してありました。

斉藤林業さんの家は、木のぬくもりと柔らかさを感じられるので、見ているだけではなく、
中に入ってみると、さらに楽しいですよ。
今回もじっくり見せていただいて、木の家を満喫できました。

2014年5月19日月曜日

週末は榛名のK邸で野外クッキング☆

こんにちは。編集部のサトウです。
週末は子どもを連れて、榛名山の中腹に立つK邸へ遊びに行ってきました。


2013春・夏号の巻頭特集「子どもと楽しく暮らす家」で取材させていただいたご縁から、
子ども同士の年齢が近いこともあって、プライベートでもお付き合いが続いています♪

この日のランチは、薪釜で茹でたパスタです!
野外クッキング。ダイナミック&ワイルドでしょ~!?
パスタは温・冷の2種類作りました。
奥様お手製☆トマトの旨味がギュッと濃縮された、トマトソースパスタ。
そしてフレッシュトマトの冷製パスタ。
自然の息吹を感じながら、ウッドデッキでのランチ。最高です!
通称「ハルヒル」こと「榛名山ヒルクライムin高崎」レース完走直後のFくん、
応援に行った妹のKちゃん、ウチのミミスケ。みんな食欲旺盛!
大人たちは…只今、薪の火力調整や冷製パスタの準備中(汗)。

外で思いっきり遊んだ子どもたち。
「おなかすいたよ~」の声を合図に、おやつはパフェを手作りしました♪
もう夢中です!
3人の意外な共通点=「工作が大好き!」だからかな?
パフェ完成!それぞれ個性が出て、面白いですね~。
おやつの後は、恒例・ミミ作の紙芝居をお披露目です。
主人公はペンギン。ぎっしり書き込まれた、21枚の大作です。
(真剣に聞いてくださって感謝!)
外が涼しくなってからは、家の中でかくれんぼしたり、お絵かきしたり。
4年生になったFくん、恐竜図鑑がお気に入りだそうです。
私がものすごーい気に入ってしまったのがコチラ。
何度も眺め直していると、Fくん「よかったら、あげるよ!」だって。
いえいえ、大事な作品ですから。記念にデジカメで撮影してきました。
たくさん見せてもらった中で、上のアーケロンと並んで気になったのが、この怪鳥。
基本怖いんだけれど、なんだかおかしみがあって、Goodでしょ!?
お別れの前には、芸達者なFくんがギターを抱えてシャウトしてくれました。
巻頭特集のロケハンも含めると、この日が実に6度目の訪問。
編集部ブログでも過去に何度か紹介しています。


榛名のK邸にお邪魔するたびに、四季の移り変わりの美しさ、
また、子どもたちの成長の早さなど、
いろいろなことを実感させられます。

次に伺うのは夏休みかな?
早くも今からご家族との再会が待ち遠しかったりします。

内覧会巡り(スタジオ・ノーム、TDホーム前橋)

みなさん、こんちには。編集部ナツイです。

5月17、18日と県内で開催されていた内覧会を2軒、見せていただいてきました。

まず最初が前橋市下大屋町で開かれていた、スタジオ・ノームさんの内覧会。


今回は「和」の雰囲気を漂わせる住まいに仕上がっていました。



スッキリとしたLDKにはアイランドタイプの作業台などもあり、ライフスタイルの一端が垣間見れました。また、照明はほとんど建築主さんからの支給と言うことで、場所によってデザインが異なるものが入っていました。
また、土間にはスタジオ・ノームさんらしく、薪ストーブが設置されていました。
ゆとりのある広さで快適そうな家でした。


太田市大原町では、TDホーム前橋さんの内覧会も開かれていました。
落ち着きのある和モダンの家です。
玄関を入ってすぐに階段があって、その下に設置した赤いランプが印象的でした。



リビングには薪ストーブを設置。あえて煙突は見えないように造ったそうです。
家具は前橋のRooming+さんによるコーディネートだそうです。
薪ストーブを前にして、ロッキングチェアに座っていたら、すぐ寝てしまいそうです(笑)


この日は午前中に巻頭実例特集の取材もありました。
こちらも薪ストーブを設置した素敵な住まいでした。
たまたまでしょうが、薪ストーブづくしの一日となりました。

2014年5月15日木曜日

カネザワさんの薪ストーブがある家

みんさん、こんにちは。編集部ナツイです。

30代で建てる群馬の家」9月発売号の取材で、カネザワさんが藤岡市に建てた、
「庚申山の家」の撮影をしてきました。


カネザワさんらしい、自然素材のぬくもりが心地よい雰囲気の家です。


広々とした玄関から入れる和室も立派です。
左側に見えるのは、リビング階段のところに設置した薪ストーブ。
うらやましいですね。


2階には個室があるのですが、窓からの景色が素晴らしいです。
藤岡の自然豊かなロケーションが生かされています。
他にも見どころ盛り沢山です。9月発売の「群馬の家」でご紹介しますので、お楽しみに!

先に見てみたい方は、5/17(土)、18(日)に内覧会があります。 →詳細はコチラ
実際に見学できる数少ないチャンスですので、興味のある方は行ってみてくださいね。

2014年5月14日水曜日

クロスハウスさんの内覧会

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

今回は、5月末までみどり市で開催しているクロスハウスさんの内覧会にお邪魔してきました。

スッキリとしたリビングは、パイン材の床の感触が心地いい、優しい雰囲気の家です。



中は和室あり、広々としたウオークインクロゼットありで、住みやすそうな間取りでした。


そして、白を基調にした塗り壁の外観。
これが一番の特徴でしょうか。
ウッド調の玄関ドアがアクセントですね。

こちらの家は5月末まで予約制で見学することができます。
気になった方はクロスハウスさんまでお問い合わせください。

2014年5月13日火曜日

アイランドリゾートスタイルの「THE COTTAGE」が今週末グランドオープン!

こんにちは。編集部のサトウです。


まるでコテージのように、小さな平屋をイメージした、
アイランドリゾートスタイルのコンセプトハウス
先般、打ち合わせを兼ねてお邪魔した際に、
ちょこっと中を覗かせていただきました。

リビングからガラス越しに、ビルドインガレージのオートバイが眺められるんです!
これって、車やバイクにこだわりのある大人男子の憧れですよね。
ほかにも、屋根裏部屋の大空間など、広く、楽しく暮らせる工夫が満載とのことです。
最近、人気が高まりつつある「平屋暮らし」の新たな可能性と出会えるチャンスだと思います。


高崎市箕郷町にあるアイルズハウスさんの
高崎モデルハウス敷地内にあります。
なっておりますので、是非この機会に足を運んでみてください!

2014年5月12日月曜日

林藤ハウジングさんの「無垢材と珪藻土の家」

こんにちは。編集部のサトウです。
前橋・渋川シティマラソン完走以降、トレーニングをお休みしていましたが、一念発起!
日曜の夜は、久々にジムでインターバルRUNしてきました。
やはり思いっきり汗を流すと、心身共にスッキリしますね~。

さて先日は、林藤ハウジングさん「無垢材と珪藻土の家」完成見学会にお邪魔してきました。
この角度から撮影すると…スタイリッシュな雰囲気!
「片流れ」の屋根に見えるかもしれませんが、違うんです。
  建物の東側に回って全体像を捉え直して、ちょっと驚きました。
堂々とした構えの大邸宅です。
お伺いしたところ、なんと延床面積は60坪以上あるそうです。

林藤ハウジングさんの家づくりの特徴は、
有害な化学物質を避け、とことん自然素材にこだわっていること。
こちらのお宅もそうです。
建物内部に合板は一切使わず、建具もすべて無垢材を用いているそうです。
また、壁は調湿効果の高い珪藻土塗りなので、
季節を問わず快適な室内環境で過ごせそうですね。

梁は旧家を解体した時のケヤキ材を再利用しているそうです。
また別の角度から見ると・・・
吹き抜けに面して開口部を複数設けているのですね。
畳敷きのリビングから撮影。
写真の中央奥がキッチンです。
お施主様が読書好きと伺いました。
こちらは書斎としてご利用になるのでしょうね。
木の香りと温もりに包まれた、本当に心地よい住空間でした。
無垢材は肌触りも優しいですし、年月を重ねるほどに、味わいと深みが増していくので、
住み継いでいく楽しさがありますね。

林藤ハウジングさんは今月末の5/30・31にも、完成見学会を予定されているそうです。
自然素材にこだわった住まいに関心のある方は、是非足を運んでみてくださいね。