2014年3月31日月曜日

ミヤホームさんの完成見学会

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

3月28、29日に前橋市関根町で開催された、ミヤホームさんの完成見学会にお邪魔してきました。

今回は敷地が50坪弱でありながら、十分な駐車スペースを備えたゆとりある住まいでした。
1階はLDKと和室、サニタリー、2階に寝室と二人のお子様の部屋が一つずつ。
収納も各所にちりばめられていて、小ささは感じさせない家です。



LDKはミヤホームさんらしい、スッキリした中に木の温もりを感じさせるオシャレな雰囲気。
特にキッチンまわりが印象的でした。


さらに「いいなぁ」と思ったには、小屋裏収納です。
屋根の傾斜を生かした大容量の収納には、階段で上がれるため、大物をしまうのも楽そうです。
これだけ広いと住めそうです(笑)
書斎などの「隠れ家」にはうってつけですね。

2014年3月28日金曜日

伊勢崎の「豚骨らーめん れん」さんでつけ麺☆ランチ


こんにちは。編集部のサトウです。
今日は日差しが強く、日中は暑く感じるほどでした。
書店さんへのご挨拶などもあり、ほぼ終日外出しておりましたが、
日焼けしたのかな~? 頬がひりひり痛みます(汗)。

伊勢崎に出かけると、かなりの高確率で伺うのが、
「豚骨らーめん れん」さんです。

燻辛つけ麺 890円。
こちらの太ちぢれ麺、大好きなんです。
大盛りにすることもあるのですが、メニューを見直すと…。
「つけ麺+100円で大盛りできます。が、チーズごはんがオススメです」だって!
そこで、早速オーダー。
つけ麺用チーズごはん 150円
つけ麺のスープに投入していただきます。


毎晩必ずチーズを食べるくらい、チーズ大好きな私。
とっても美味しくいただきました。


「群馬の家」最新号の制作期間中に、県内各地でチャレンジしたラーメンは、
後日改めてご紹介したいと思っています。
皆様どうかお楽しみに!




2014年3月25日火曜日

コムハウス/平光ハウジングさんの「IKEA家具の入ったオール漆喰の家」

こんにちは。編集部のサトウです。
「IKEA家具の入ったオール漆喰の家」にお邪魔してきました。

漆喰の外壁に、ブラウンのサイディングを組み合わせた外観。
オシャレですね~。
こちらはリビングです。
漆喰の壁と無垢材でコーディネートした、ナチュラルな雰囲気がいいですね。
エイジング加工を施した梁がアクセントになっています。
お気に入りの雑貨を飾って楽しむ暮らし、憧れですねー。
リビングからダイニングを臨む。
ダイニングの奥には、パソコンなどができる多目的なカウンターがあるんです。
続いて、キッチンからダイニングを眺めると…。
こちらの伸縮できるダイニングテーブルはIKEAのものだそうです。

三連休最終日、日曜日の午後にお邪魔しました。
お客様がたくさんいらっしゃったので、ご紹介できる画像が少ないですけれど、
コムハウスさんらしい、とてもステキなお宅でした。
お施主様のこだわりと、暮らしやすさと、見事に調和がとれている空間って、
そこに身を置いているだけで、幸せな気持ちになりますね。

2014年3月24日月曜日

赤城山麓に立つ「Fukasawa Hus」完成見学会に行ってきました

こんにちは。編集部のサトウです。
三連休、皆様いかがお過ごしでしたか?

私は、赤城山麓の三夜沢町で開催された
「エフケーホーム/(株)深沢組」さんの赤城展示場、完成見学会に行ってきました。

白1色の外壁に赤い扉が印象的な外観。
個性的な別荘が並ぶ周辺環境の中でも、どびきり目立ちます!
正面から撮影。
伝統的なスウェーデンスタイルの窓の桟が、素朴で愛らしいですね~。

日本の伝統工法に、
住宅先進国スウェーデンの哲学、建材、テクノロジーを取り入れた、
世界基準の新ブランド「深沢ヒュース」

まずは1階から…。




洗練されたデザインが目を引く、木製のスケルトン階段で
2階にあがると…。

弊誌最新刊(3月1日発売号)掲載ページのパネルが飾られていました。
台紙にまっすぐシールを貼れるか?ドキドキしながら作成したので、
ちょっとうれしかったです!
あっ!雑誌まで!!
ブラインドを内蔵した、スウェーデン製の「3層ガラス窓」など、
ポイントが要所要所に分かりやすく掲示されています。
赤城山麓に立つモデルハウスからは、前橋の市街地が一望できます。
事前に連絡すれば、見学可能とのことですので、
興味のある方は、ぜひ気軽に問い合わせてみてください。

2014年3月20日木曜日

ビスコッティハウスさんのイベント「お菓子の家づくり」


こんにちは。編集部のサトウです。
本日は、ビスコッティハウスさんのモデルハウスで開催されたイベントに参加してきました。
その名もキャッチーな「お菓子の家づくり」です♪
こちらが完成した作品。
撮影会のあと、みんなでそーっと壊して、食べてきたんですよ。
お家のもとは…ホットケーキミックス、バター、粉砂糖、卵黄、牛乳。
一晩寝かせた生地をシリコンの型に入れていきます。
講師カケ様の教え方がとても分かりやすく、
こちらのお料理教室に欠かさず参加されるお客様もいらっしゃるほど。
生地が焼き上がるまでに、
どんなデコレーションにするか、みんなで和気あいあいと話し合います。
生地をくっつけるのは…アイシング(卵白と粉砂糖)です。
だから“食べても美味しい家”なんですね。
参加者で協力しあって、アイシングでデコレーション。

モデルハウスのキッチンで開催されるお料理教室。
参加したのは、バターチキンライス作りに続いて2回目でしたが、本当に楽しいですね。
お子様を連れて参加できるスタイルですので、
関心のある方はぜひ気軽にトライしてみてください。



2014年3月17日月曜日

田村建設さんの小さな家

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。

3月15、16日に太田市で開かれていた、田村建設さんの内覧会にお邪魔してきました。

延べ床面積で30坪をきる、コンパクトな住まいです。
小さな家ですが、家族が集まるLDKと個室のメリハリ、サニタリー関連の使い勝手など、
細かいところまで気持ちの行き届いた設計と感じました。

中は田村建設さんらしい、自然素材の心地よさに満たされた空間です。
特にダイニングキッチンは、少し天井を低めにしているためか、木の温もりと相まって、
とても落ち着いた、独特の雰囲気を感じる場所だと思います。





2枚目の写真は、ダイニングの隣にある、一段下がった和室のリビングから。
限られたスペースを段差でうまく分けていると感じました。
見えないように造っていますが、ちゃんと建具があって仕切れるようになっていますので、客間としても使えそうですね。

当日は建築主さんもいらっしゃっていて、外観の一部に使用した木製部分の仕上げ塗装を自ら行っていました。多少のコストダウンにもなるのでしょうが、それ以上に「マイホーム」への愛着が強くなるのだろうなと、楽しそうに作業をしている建築主さんを見て感じました。

お引っ越しされて、生活感が出てきたころにまた見てみたい、そんな雰囲気の住まいでした。

ちなみに、こちらの内覧会は、21、22、23日にも開催するそうです。
気になって方はぜひ、行って雰囲気を感じてみてください。(詳細はコチラ

2014年3月14日金曜日

ISLES HOUSE さんの「眺望を楽しめる2階LDKの家」を見学してきました

こんにちは。編集部のサトウです。
3月14日、「美意識を形にする本格的アートビルドの家」
ISLES HOUSE さんの完成見学会にお邪魔してきました。

アンティークな風合いの塗り壁に、水色の扉がアクセントになった外観。
見る角度によって、がらりと表情が変わるんです。

まずは1階から…。
美しいです。思わず見とれてしまいました。
潔いシンプルな配色だからこそ、窓の外に広がるグリーンや、
床材に用いた無垢の風合いが、互いを引き立てあうのでしょうね。
そして、2階にお邪魔すると…

2階のLDKはカフェスタイル!
自然素材にこだわったキッチンからは、リビング・ダイニング、そして和室まで、
すっきり見渡せます。家事をしていても、家族と気軽にコミュニケーションが取れていいですね。
リビングの開口部からは、前橋・高崎の市街地が見渡せるロケーション。

こちら榛東村での完成見学会は、3月16日(日)までの10~18時、開催されていますので、
この週末、ご家族で訪問されてみてはいかがでしょうか?

※事前予約制となります。
詳しくは↓↓
               
       「見学会&イベント情報」をご覧ください。

2014年3月10日月曜日

ワコーハウジングさんの見学会、「らーめん田中家」のデビルメン(激辛)!

こんにちは。編集部サトウです。
先週末、太田市で開催された、ワコーハウジングさんの完成見学会
「子育ても家事も楽しめる アイデアいっぱいの家」~に参加してきました。


日当たりが良く、居心地抜群のリビング。
あれっ? リビングの奥に…満月???

満月に見えたのは…
リビングに隣接するモダンな和室のペンダントライトでした。
和紙を用いた濃紺のブラインドを背景にすると、お月様のように見えませんか?

毎回、お邪魔するたびに思いますが…見てください! 
ディスプレーは、ワコーハウジングさんの女性スタッフ陣が担当されるそうですが、
色使いのセンスの良さに、いつもハッとしてしまいます。


リビングのニッチにはかわいらしい雑貨が並びます。
ダイニング⇔キッチン、ストレートに伸びる家事動線は、
「家事がしやすい」「家事の効率がアップする」と、女性に人気ですね~。



ダイニングコーナーを照らすペンダントライト。
うちの子ども(ミミ)が見たら、「キャー、鳥さんがいるー」って、すごく喜んだだろうな…。

その場の雰囲気に合った雑貨たちが並ぶ様子を見るのも、
見学会に参加する楽しみのひとつですね。
北風の強い日でした。ちょっとよろめきながら撮影。
片流れの屋根が似合う、ワコーハウジングさんらしい、ステキなお宅でした。

さて、見学会のあとは…国道354号沿いに立つ「らーめん 田中家」さんに直行!!
もちろんオーダーは…デビルメン(うま辛 or 激辛)の激辛です!


デビルメン激辛 850円
麻婆豆腐のとろみって意外や意外、ラーメンに合うのですね。
そしてスープの旨味を、麺がいい感じで持ち上げるので、
アツアツウマウマ。したたり落ちる汗をハンカチで拭いながら、
ものすごい勢いで完食してしまいました。



久しぶりに辛いラーメンと巡り合えて、大満足の一日でした。


2014年3月8日土曜日

内覧会をはしごしてきました。

みなさん、こんにちは。編集部ナツイです。
3月8日は朝から内覧会などを回らせていただきました。


まずはスタジオ・ノームさんの内覧会。会場は高崎市島野町でした。
掘削関連の重機を製造している古河ロックドリルの付近という、一部のマニアにはテンションが上がり気味になる立地です。

建物は片流れの白いスッキリした外観。庭にはガレージを建設中でした。
中はシンプルですっきりした印象ですが、ノームさんらしい優しさを感じさせる空間です。
スキップフロアのリビングは大きな吹き抜けになっていて、2階の個室にいても、家族の気配を感じられそうです。
ステンレスのキッチンやタイルでつくったオリジナル洗面台、施主様の希望で採用した陶器のスイッチパネルなど随所に見どころがあって、楽しませていただきました。



以下、写真はありませんが、2軒ご紹介します。

本庄市で開かれていたのは、「陽の栖」小林建設さんの内覧会です。
本庄早稲田駅周辺の分譲地に建てられています。この近辺は、昔とくらべてすっかり開発された感じです。駅は近いし、コンビニもあるし、区画も綺麗に整えられているし、住みやすそうなエリアです。

ビルトインガレージのある家の内部に入って、最初に気になったのは、クリの大黒柱。
独特の木目が美しいです。聞けば、階段にもクリを用いていているとのこと。こだわりを感じます。
それと、障子には埼玉県小川町の和紙を採用。実際に小川町に出かけていって選んだそうです。

コチラのお宅で一番気に入ったのは、ご主人の書斎です。
部屋の奥はすべて棚になっていました。きっと、蔵書をたくさんお持ちなのだろうと思います。
もっと良かったのは窓から眺める景色です。
造作のカウンターテーブルからは、道を挟んで流れる川の水面が飛び込んできます。
景色を眺めながら、ゆったりと読書を楽しむ。そんな暮らしが実現しそうです。


最後はエアムーブ住宅さんの大渡モデルハウスを見学させていただきました。
ちょうど、3月8日がオープンでした。
風が強く寒い日でしたが、中に入ると、いつもの事ながらその暖かさに驚かされます。
「ナチュラルなカフェスタイル」というモデルハウスの中は、エアムーブ住宅さんらしい、ナチュラルテイストの中に、おしゃれなカフェ風のあしらいが施されていて、かわいらしいです。
特に、ダイニング・キッチンと洗面台が素敵でしたよ。

また、今回のモデルハウスは宿泊体験ができます。(予約制です)
自然の力を活用した快適性が特徴のエアムーブ住宅さんですが、宿泊することでもっと良さを知っていただこうという狙いだと思います。
なかなか体験できるチャンスは少ないと思いますので、気になっている方は、ぜひ宿泊してみることをお勧めします。



さて、最後に少しだけPR。
「30代で建てる群馬の家」最新号発売中です。よろしくお願いします!

2014年3月7日金曜日

石原工房さんの「オーガニックハウス」完成見学会

こんにちは。編集部のサトウです。


先日行われた石原工房さんの完成見学会の様子をご紹介したいと思います。

近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトが提唱した「有機的建築」の理念を受け継いだ
「オーガニックハウス」。その正規会員である石原工房さんならではのお宅とあって、
完成を心待ちにしていました。


この水平と垂直の絶妙なバランス。現地に着いたそうそう、圧倒されました。


米国ペンシルベニア州、ミルランの山の中に立つ、
多くの人を魅了してやまない落水荘(フォーリング・ウォーター)ことカフウマン邸。
そのコンセプトに沿って設計されるのが、こちらの「ミルラン」なんです。



「落水荘」のモチーフが随所に再現されていて、ドキドキしっぱなしでした。


そして、「幻の漆喰」と「音響熟成木材」で統一された室内は、やはり空気が違いますね。
深呼吸を何度も繰り返してしまいます。



3月1日発売の「30代で建てる群馬の家」最新号。

住宅実例集「お宅拝見」、石原工房さんが手掛けた
「ご夫婦の憧れを叶えた ウエスタンテイストの木の家」は、
54ページに掲載されていますので、
興味のある方はぜひ手に取って見ていただければ、と思います。