2013年7月1日月曜日

取材で足利→明和町へ。お昼は「らーめん榎穏」の潮風らーめん♪

こんにちは。編集部のサトウです。
「30代で建てる群馬の家」編集部は、次号の取材&制作作業が佳境期を迎えています。
熊谷→沼田、足利→明和町など、お昼を挟んで長い距離を移動することもしばしば。

こちらは、次号の巻頭特集撮影のひとコマ。
梁や柱を優しい色味の白で統一した、シンプルモダンな雰囲気のLDK。
まもなく2歳になるお嬢様が伸び伸びと走り回って遊んでいる姿が印象に残りました。
畳コーナーで撮影の指示を出す、編集部ナツイ。
こっそり逆撮影しちゃいました(あとで怒られるかも…)。
足利から明和町(私にとってはどちらも、今回の取材が初来訪でした)に移動する車中から、
信号待ちのタイミングで撮影。

足利って、勝手に平地かと思い込んでいたんですが、全く違いましたね。
山の稜線がキレイに見渡せて、しばしうっとり。
この日のお昼は…明和町の「らーめん 榎穏」さん。
“かのん”って読むんですって。
ラーメン屋さん? オシャレな雑貨屋さんや美容院と見まごう外観。
日傘をさしてデジカメで撮影していると、
「ラーメンブロガーさん」と思われるので、ちょっと恥ずかしいです。
どうですか、予想以上に!中だってオシャレじゃないですか。

潮風らーめん600円。清湯スープに追い鰹したものだそうです。
同行したMカメラマンは「大盛り」指定でオーダー(写真右)。
次号発売を無事に迎えるまで、ごはんをしっかり食べて!
体調管理に留意しつつガンバリマス!

0 件のコメント:

コメントを投稿